納骨堂や霊園での永代供養は慎重に|故人の骨を大切に

葬式

理想の霊園

花

理想の霊園とは、いったいどういう場所のことを言うのでしょう。そもそも死後のことですから、理想も何もないと言ってしまえばそれまでです。ですが、それでも魂が眠る場所なのでできるだけ落ち着ける土地が理想的なのです。ゆっくりと静かに眠っていたいと思う人が多いでしょうが、果たして理想の霊園とはどういうものを言うのでしょうか?
まず、墓地と霊園の違いですが、それはお墓が置かれている場所の環境にあります。霊園は墓地に比べて広々としており、草花に囲まれて自然が豊かな情景です。魂が眠る場所ですが、草花もなく、狭苦しい場所では魂も安らかに寝つけないかもしれません。墓地は墓地のいいところがありますが、安らかに眠れる場所という意味ではこちらを選ぶとより静かに眠れそうです。
納骨堂もそうですが、お参りする時に自宅から離れすぎていな居場所を選ぶのもポイントでしょう。また、行くまでにどれくらいの交通手段が選べるのかというのも注意します。交通手段が限定的になってしまうと、行ける日が限られてしまうかもしれませんので色々な情報を集めておきましょう。家族などで行くときは車を使うのも手段の一つです。
永代供養は交通手段をそこまで気にしなくてもいいかもしれません。ただ自分にとって理想の場所とはどういう場所なのか、よく考えておかれるといいと思います。自分ひとりで眠る場所だとしても、ひとりだからこそ生前からきちんと比較し、足を運んで納骨堂を決めておいた方が良いです。